上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前線を伴う低気圧がもたらした大雨は21日から22日朝にかけて、近畿など広範囲に被害をもたらした。和歌山市南東部では、用水路から水があふれ、数キロ四方が最大1.5メートルの冠水。多くの家屋が浸水し、車は立ち往生、鉄道も運休するなど大混乱した。休校も相次ぎ、道路冠水により一時孤立した民家もあった。自宅が水につかった住民は「なぜこれほどの水が……」と驚いた様子で後片付けに追われていた。(毎日新聞

今朝の関東の雨もすごかったですねぇ…

幼稚園をお休みさせるかどうか考えちゃいました…

結局、8時30分くらいの登園時には、雨も止み始めたので安心して登園しましたが…

その後、ニュースで、この水没した町を見たときは、驚きましたが、実は

毎年の様に、こんな風になるみたいですよ。この町…

ニュースに出ていたおじいさんが、「毎年、恒例だよ」って、インタビューに答えていた!

でも、本当に大変だろうなぁ…

また、明日も九州のほうは雨みたいだし、その後も、前線がきているみたいで…

スポンサーサイト

【2012/06/22 22:10】 | ニュース
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。