FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京電力は20日、福島第1原発事故の社内調査委員会の最終報告書を発表した。事故直後の菅直人前首相の現場視察や、吉田昌郎前所長への問い合わせなど官邸の介入を「無用の混乱を助長させた」と批判。事故悪化につながったと指摘された、社員の原子炉の冷却装置の操作不手際についても非を認めなかった。

 報告書はA4判352ページ。事故原因を「想定した高さを上回る津波の発生」と分析し、「最新知見を踏まえた対策を実施してきたが、結果的に甘さがあった」と集約した。

 また、事故があった11年3月11日以降、官邸から吉田氏への問い合わせが相次いだことについて、「現場実態からかけ離れた要求で、所長を(現場と官邸対応で)板挟みにするばかり。事故収束の結果を改善するものではなかった」と指摘。「事故対応における大きな課題で、当社を含め関係者は大いに反省すべきだ」とした。

 政府の事故調査・検証委員会は昨年12月の中間報告書で、1号機の冷却装置「非常用復水器」(IC)や3号機の冷却装置「高圧注水系」(HPCI)の操作の習熟不足や対応の遅れを指摘したが、「運転員に必要な知識はあった」「遅れがその後の対応に影響を与えたとは考えられない」と反論した。

 一方、菅氏らが主張する東電の「全員撤退」問題は改めて否定した。社内で退避基準の議論をしたことや清水正孝前社長と官邸側のやりとりなどを振り返り、全面撤退の要因を「清水社長(当時)と海江田万里経済産業相(同)らとの電話連絡で、言葉の行き違いで認識に誤解があった可能性は否めない」とまとめた。

 調査委員長を務めた山崎雅男副社長は記者会見で「対応に不作為はなく、その時々にできることをしてきた」と総括した。

 社内事故調は、山崎副社長をトップに幹部8人で構成。11年6月に社員らの聴取を始め、同12月に「主要設備は地震で損傷していない」などとする中間報告書を公表した。

 同事故をめぐっては、国会、政府、民間も原因を調査。民間は2月に報告書を公表し、国会は今月、政府の最終報告書は来月中に公表の予定。【奥山智己、岡田英】(毎日新聞


福島原発の事故調査をまとめた報告書の内容を説明する為に会見を行った東電!

ニュースでは、聞いたけど会見の様子ってどこかテレビ局流してた?

私、見てないから分からないけど、なんか、どの会見も胡散臭く見えてしまうのはカナブンだけでしょうか?

っか、一部学者は、福島沖を震源とする地震や津波について、数年前から報告書を出したり

色々活動していましたよねぇ?

それで、想像できなかった?

事故当初は、この原発反対を訴えていた方が、たくさんテレビに出ていましたが

最近は、まったく見かけなくなりました。

東電や政府に暗殺されたのか、もう日本は危ないっと海外に逃げたのか分かりませんが、

最近の東電関連のニュースでテレビに出てくる専門家?はほとんど、東電よりの話しかしないし…

たまには、頭から東電批判してくれる人をテレビに出してほしい!

なんて、無茶な事を言ってみるカナブンでした。


告別式 マナー
スポンサーサイト

【2012/06/21 10:48】 | ニュース
トラックバック(0) |

東電は永遠に不滅です???
匿名
こんな会社を何時まで存続させておくつもりなんだろ。


カナブン
コメントありがとうございます!

おっしゃる通り、東電も民主党もいつまで存続させるんでしょうか?

もう、東電と民主党っと言ううそつき集団なんか早くなくなってほしいです!

またコメントお待ちしています☆

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
東電は永遠に不滅です???
こんな会社を何時まで存続させておくつもりなんだろ。
2012/06/21(Thu) 11:48 | URL  | 匿名 #GMs.CvUw[ 編集]
コメントありがとうございます!

おっしゃる通り、東電も民主党もいつまで存続させるんでしょうか?

もう、東電と民主党っと言ううそつき集団なんか早くなくなってほしいです!

またコメントお待ちしています☆
2012/06/23(Sat) 17:50 | URL  | カナブン #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。