上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪維新の会(代表=橋下徹・大阪市長)が次期衆院選に向けて策定中の「維新八策」に、生活保護の受給期間を制限する「有期保護制度」を盛り込む方針であることが分かった。受給者の急増による財政負担の軽減を図るとともに、維新が理念として掲げる「個人の自立」を促す狙いがある。23日から始まる「維新政治塾」の第2クールでの議論・成案化を目指す。

 生活保護の有期化を巡っては、全国知事会などが設置した検討会が06年、働ける世代の人の受給期間を「最大5年」とするよう国に提言した。しかし、「本当に必要な人が受給できなくなる」「貧困問題の解決にはならない」といった批判が根強く、政府などで具体的な検討は進んでいない。

 有期保護制度の狙いについて、維新の関係者は「働かない受給者の中には『生活保護を受けている方がいい』という人もいるのではないか。自立することが必要だ」と話す。ただ、八策には具体的な受給期間は明示しないという。

 また、現行制度では受給者が就労した場合、支給額が給与に応じて減額される仕組みで「就労を阻害している」との指摘があることから、支給額を減らさずに公的機関が給与をいったん預かり、保護終了時に返却する制度も検討する。

 一方、維新が3月に公表した八策のたたき台では、年金、生活保護、失業対策などを一本化する「最低生活保障制度」を創設して月額6万~7万円の支給を検討するとしていたが、莫大(ばくだい)な財政負担が見込まれるため、金額を削除する。米軍基地問題については「沖縄の負担軽減を図るロードマップの作成」を挙げていたが、八策への記述を見送る方向。(毎日新聞



生活保護問題は、最近になって色々と問題になって注目されています。

やっと、色々な対策が考えられていますが、どうなんでしょうね!

っか、カナブン的には、生活保護世帯には、選挙権を渡しちゃいけない気がする…

だって、数百万人いる生活保護者が、生活保護を守ろうっとする政党に投票するのは絶対だもん!

以前、廃止になった母子加算だって、反対を訴える人多かったんだよね!

今でも母子加算復活してほしいって言ってる人いるみたいだし!!

カナブン的には、母子家庭ってだけなら、世の中にたくさんの人がいて、働いている人もたくさんいるんだから

働けよ!って思ってしまうんだけど、これって、厳しい意見かな?

カナブンも一時期母子家庭だったけど、とにかく必至に働いて子育てしたよ!!

あと、うつ病っとか、本当に大変な人もいるだろうけど、ほとんどの人って、ちょっと病院に行くときだけ

そういう症状を言えばいいだけだし、誰でももらえるんだよね!

そんな事言ったら、カナブンだって、旦那にもカナブンって呼ばれて、心が痛むとか

自分は虫のカナブンです!っとかって言ってればもらえるんじゃないの?って

ちょっとこれは言いすぎた?けど、本当に苦しんでいる人もこういわれるから嘘はついちゃいけない!

生活保護って税金を使ってもらうものなんだkらこういうのこそ、住民投票で、有期とか決めればいいのに!

そんな、働きもしない、税金も年金も払わない人がパチンコやお酒を飲んでるって許せないもん!


猫 エイズ
スポンサーサイト

【2012/06/17 14:04】 | ニュース
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。