上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兵庫県の西南部に位置し、隣接する加古川、高砂両市で5月10~24日、猫やハトの無残な死骸が計5件、相次いで見つかった。多くは民家で発見され、猫は切断された頭部だけが置かれていたり、腹がえぐり取られていたりもした。ハトも頭部がない状態で、いずれも「猟奇的」な死骸。何者かが鋭利な刃物で切ったとみられ、兵庫県警は動物愛護法違反と器物損壊の疑いで捜査しているが、“惨殺犯”につながる手掛かりはないという。それぞれの現場付近の住民はえたいの知れない不気味さに悩まされている。(桑村朋、渡辺康史)(産経新聞)

怖い事件ですよねぇ…

っか、小さな動物にしか危害を加えることのできない最低な人間なんて生きてる意味ある?

なんか、こういう事件の後って必ず、子供を殺してしまう事件があるけど、なんとかこの子供などを殺してしまう

前に捕まえてほしい…

っか、猫やハトにもちゃんと命があるんだから、大事にしてほしいし、

っか、本当に弱いものにしか危害を加えられない最低人間いなくなってほしい。

我が家にも猫が1匹いるけど、我が家の猫がそんな事件に万が一巻き込まれたら、犯人許せないね。

同じ様にしてあげたい!



寝たきり 在宅介護

寝たきり 原因
スポンサーサイト

【2012/06/11 11:00】 | ニュース
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。