上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

統合失調症や鬱病などの精神疾患をかかえる人たちは、糖尿病や高血圧、心臓疾患などの身体合併症を発症する割合が高いとされる。原因は、薬の副作用や不適切な使用のほか、運動不足や不規則な睡眠など生活習慣の問題が絡。「精神科に通っているから」と安心せず、定期的に健康診断を受け、合併症を引き起こさない生活を心掛けることが大切だ。
産経新聞


うつ病とか、怖いですよねぇ…

カナブンの周りでも数人、うつ病の人がいたし、カナブンの一時期、うつ病で精神科を受診しました。

カナブンの場合、家族の愛のお陰で、立ち直ることが出来ましたが、ひどいときには、

処方された薬をその日に全て飲んでしまったり、今では信じられない事を普通の顔してやっていました。

恐ろしい…

カナブンの周りの子は、みんな、決まって、「私はうつ病じゃない」って言ってたけな!

だから、カナブンは自分で病院も行けたし、いくらか楽な方だったのかな?

そのうつ病のの子たちとは、自然と連絡が途絶えてしまったので今は何をしているのかも分かりません…

元気でしていてくれればいいのですが…

うつ病は、絶対に患わないって思っていても誰でも患うことのある病気なんですもんね…

更に、ニュースの様な病気になる確立も高くなるって事なので、気をつけなければ!!

子供の咳が長引く場合は?
スポンサーサイト

【2012/05/30 15:49】 | ニュース
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。