上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円と中国の通貨・人民元を直接交換する為替取引が、6月にも始まることが明らかになった。

 日中両政府が東京と上海に市場を整備する方向で最終調整しており、近く正式に合意する見通しだ。現在、円と人民元は米ドルを介在させて交換されており、手数料が割高になっている。直接交換が実現すれば、決済費用の削減につながるほか、手続きが簡単になることから、日中貿易の円滑化や取引拡大が期待できる。

 円と人民元の直接交換を巡っては、昨年12月に北京で行われた日中首脳会談で、直接取引市場の整備を進めることで合意し、2月から両国の関係当局による作業部会で協議を進めていた。

 現在、円と人民元の取引は、制度上は可能だが、取引市場が未整備で、金融機関の体制も整っておらず、ほとんどがドルを介在させている。(読売新聞


すっごい興味深いにゅーすですねぇ!

これって、何か新しい商売を始めるチャンスかも…

何か探さないと!

っか、もう世の中、「ドル」では無いですよねぇ…

カナブンは、中国ってちょっと苦手な国でしが、今の経済成長を見ていると、

本当にすごいっと思う…

けど、その全て中国人がすごいっと思っているわけではありません…

人として、理解できないことが多いのも事実…

まぁ、日本人が特殊なのかもしれませんが…

このニュースでうきうきしている人って少なくないですよねぇ!

うちも、中国と、時折取引があるから、朗報です!



ゲリラ豪雨 予想するには?
スポンサーサイト

【2012/05/26 11:48】 | ニュース
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。