上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金環日食の観測が最初に始まった九州南部。鹿児島市内の公園では、太陽のリングが雲間からのぞいた瞬間、「おおーっ」「奇跡だ」と声が上がった。天文学者の祖父から日食グラスをもらったという小学2年駒崎帆太君(7)は「バウムクーヘンみたい。寒さを我慢してよかった」と興奮気味。福岡県大牟田市から来た高校3年大津美紀子さん(17)は「すごかったけど、もうちょっと見たかった」と少し残念そうだった。
 開業を22日に控えた東京スカイツリー。間近に望む東京都墨田区の源森橋には150人以上が集まった。高校1年遠山佳佑さん(15)は「初めて見たが、言葉にならない」と興奮冷めやらぬ様子。東京見物を兼ね富山市から父(45)と訪れた小学6年の堀沙耶香さん(12)は「月と太陽が重なった時にすごくきれいに見えた」とほほ笑んだ。
 群馬県高山村の県立ぐんま天文台でも、午前7時半ごろから三日月型だった太陽の姿が、少しずつリング状に。周囲はやや薄暗くなり、「すごい」と感嘆の声が上がった。太陽の縁が真珠の粒のように見える「ベイリービーズ」も観測できた。沖縄県出身で、25年前にも金環日食を観察した群馬県渋川市の主婦米倉有美さん(34)は「今回はビーズが見られて良かった」と満足げ。長女美鼓ちゃん(2)も「ぼこぼこの太陽」と笑顔を見せた。(時事通信


金環日食、見ました!

今、埼玉県に住んでいるカナブンのおうちでも見れるかと思い、日食グラスを購入し、家族で外へ…

結局、周りのお家やビルなどに阻まれて、太陽を見る事はできず、テレビで観賞しました。

でも、実際、テレビのほうが、綺麗だったし、見やすかったなぁ…

で、金環日食を見た、長女ゆきなは、「お空にいるおじいちゃんが太陽さんにいたずらしてる…」って

去年、長期入院後、亡くなってしまったおじいちゃんがお空で太陽にいたずらしたから

今回の金環日食になったんだっと大きな勘違いを…

幼稚園に向かっている最中も、ずっとそのことしか言わないの…

ちょっと、恥ずかしかった…

けど、今度、どこかでまた見られるって事だったので、それまで、元気でお金貯めて、

みんなで見に行く約束をしました。

その時には、ゆきなも、金環日食の原理だったりが分かる頃かな!


長期入院してしまったら
スポンサーサイト

【2012/05/21 10:23】 | ニュース
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。