上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島県福山市の「ホテルプリンス」で7人が死亡、3人が重傷となった火災で、消防が駆け付けた際、複数の客室は鍵が掛かったままだったことが14日、捜査関係者への取材で分かった。県警捜査1課と福山東署などは、犠牲者の多くは逃げる間もなく一酸化炭素(CO)中毒で死亡したとみて調べている。
 県警は14日午前、現場検証を開始。4階建てホテルのうち、1階のフロント兼事務所や2階の倉庫辺りが激しく燃えているといい、県警は詳しい出火場所や原因について調べる。ホテル管理者の女性(63)や現場にいた女性従業員(75)らからも、引き続き話を聞く。
 地元消防などによると、亡くなったのは20~60代とみられる宿泊客。ホテル2階で男性2人と女性3人が、3階でも男女計2人が倒れているところを発見された。
 捜査関係者によると、消防が到着した際、複数の客室は施錠されたままで、消防隊員らは鍵を壊して中に入った。遺体の状況などから、多くの人はCO中毒で死亡した可能性が高い。死者の中には中国系の人も含まれているとみられ、県警が身元の確認を進めている。(時事通信)


このニュース、今朝すごい報道されていましたねぇ!

カナブンも、旦那と結婚前には、埼玉県岩槻のホテルに何度か行った事があるけど、

ラブホテルって、迷路みたいになってるところ多いですよねぇ!

エレベーターまで迷ったことがあります…

しかも比較的新しいホテルで…

しかも、ホテルの客室の窓が開けられるのってほんの少しで、たまにベニヤ板みたいなのが

張ってあるところもあったり……

ホテルはこういうものなんだって思っていたので、今朝のニュースで、消防法違反だって事を始めて知りました…

確かに、避難の仕方とか分からないし…。

怖いですねぇ…
スポンサーサイト

【2012/05/14 15:48】 | ニュース
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。