上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主婦が日常生活で体を動かす活動量は、事務職の会社員に比べて2割以上も多いことが、国立健康・栄養研究所と桜美林大学の調査で分かった。

 日本体力医学会の学会誌に発表する。掃除や洗濯などで、こまめに体を動かしているためとみられ、育児をしている主婦はさらに活動量が増える。きょう13日は「母の日」。データからも「家事は重労働」が裏付けられた格好だ。

 同研究所の田中茂穂室長らは、上下左右などの細かな動きから、活動強度や活動量を評価する活動量計をメーカーと共同開発。専業主婦20人(平均年齢37歳)、事務職の男女31人(同42歳)に1週間装着してもらい、平均的な活動量を測定した。

 1日の平均歩数は、主婦が8424歩、事務職が8288歩でほぼ同じだったが、座って安静にしている時の活動強度を1とした場合、その3倍以上の強度の活動をしている時間が、歩行時を除くと主婦は59・5分。事務職の21・9分の3倍近かった。

 また、安静時の2~3倍の活動をしている時間も、歩行時を除き主婦は243・4分で事務職より99・5分多かった。

 イスに座った作業や会議の活動強度は安静時の1・1~1・8倍なのに対して、掃除機かけは3倍、皿洗い1・8倍、洗濯物干しは2・3倍。主婦は比較的強度の高い活動を長い時間行うため、体を動かす1日の活動量は基礎代謝の0・7日分に相当し、事務職の0・57日分より23%多かった。(読売新聞


そう!!

ママは、いつも、毎日、休み無く働いていて、本当に大変なんですよぉ!!!

お風呂掃除、トイレ掃除、部屋の掃除、窓拭き、洗濯、3食のご飯作り、食器洗いなどなど、

他にも、子供がいれば、着替えにオムツ換え、ミルクに離乳食、勉強のお手伝い…

本当にやらなきゃならない事だらけで、毎日てんてこ舞いなんです。

事務職の人よりも活動量が多いってのには驚きましたが、主婦の活動は給料換算すると

だいたい30万円くらいになるらしいんですよ!

っと言ってもお金を生産性のある動きでは無いからありがたさが沸かないのかなぁ?

うちは、今日もパパは仕事で、去年も、カーネーションの1本も買ってきてくれなかった…

だから、今年は、朝、言っておきました。

『今日は母の日だね!カーネーションの1本でも買ってきてきてくれたら嬉しいのになぁ』って

そしたら、奴、『帰るときまで覚えてるかなぁ?』っだって…

もう、グウで殴ってやりたかった  けど、

これから仕事だし、仕方ない…

でも帰ってきて手ぶらだったらどうしてくれよう…

なんて言いながら、父の日のお返しが面倒だから、別に何も無くってもいいかぁ!

とりあえず今日も無事に帰ってきてくれれば、許してやろうって

大らかな心を手に入れた母の日のカナブンでした。


赤ちゃんの耳垢 取り方
スポンサーサイト

【2012/05/13 16:04】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。