上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三ツ矢憲生衆院議員(61)が代表を務める自民党三重県第5選挙区支部が、暴力団と関係があると指摘される企業2社から、計264万円の政治献金を受けていたことが分かった。

 三ツ矢議員は「返金を含めて対応を検討したい」としている。

 同支部や政治資金収支報告書によると、1社は三重県紀宝町の砂利採石会社で、2005年から今年1月までに毎年15万~18万円、計141万円を受け取っていた。和歌山県によると、同県警から昨年11月、当時の社長について、暴力団と関係があると連絡があったという。同社からは、鈴木英敬・三重県知事が就任前、顧問料として計330万円を受け取っていたことが判明している。

 もう1社は、三重県御浜町の土木工事会社で、献金額は05~11年で計123万円。和歌山県によると、同県警から暴力団関係者との関係が認められるとの情報提供を受けた。三重県も、同県警に照会して暴力団と関係があるとの回答を得たという。両県は昨年12月にそれぞれ指名停止処分にしている。同社の監査役は、砂利採石会社の元役員が務めていた。(読売新聞)



結局、どこの、どの政治家も、悪い事してるんだねぇ…

もう、本当に、橋本さんに票入れないとなのかなぁ…

もう、民主も、自民も信用なんかできないねぇ!!

暴力団関係者って、暴力団の人じゃないのかなぁ?

たまに、ニュースで、『暴力団関係者』って言葉を耳にするけど、

関係者って、どんな人?

暴力団の人じゃないって事かなぁ?

良く、分かんないやぁ…


七五三について

保険の選び方 終身保険
スポンサーサイト

【2012/05/12 21:07】 | ニュース
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。