上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現場には群馬県の要請で、大災害時や7年前のJR福知山線脱線事故にも派遣された医療チーム(DMAT)が急行した。前橋赤十字病院の救急科部副部長、中村光伸医師(38)が一員として到着したのは、午前7時15分。


 通行止めとなった道路上では、救急隊員らが治療の優先順位を決める1次トリアージを実施。緊急の治療が必要な赤色のタグや黄色のタグの乗客らは優先的に搬送され、同病院には12人が運ばれ、医師、看護師ら100人が治療に当たった。中村医師は「到着時、7人には既に(救命可能性がない)黒のタグが付けられており、手足の骨折がひどかった」と話した。

 病院に隣接する体育館には遺体安置所が設けられた。「お父さんが死んだ。返してください」と女性は声を震わせた。

 けが人4人が搬送された高崎市の高崎総合医療センターには重傷を負った石川県野々市市の会社員、高畠一真さん(24)が運び込まれた。都内のコンサートに行くため1人で乗車、料金が3500円と他より安かったため事故を起こしたバスを選んだ。千葉県の実家に帰省する途中だった北陸大の大野日向葵さん(22)も同病院に搬送され、駆け付けた友人は、「インターネットのページで安いバス会社を選んだ」と話していた。(産経新聞

最近、交通事故がやけに多いような感じがするのはカナブンだけですかねぇ?

この間の京都の暴走事故から始まり、小学生と保護者が犠牲になる事故

そのあと、千葉・愛知と事故が続き、次は群馬で7人もの人の命が奪われた。

しかも、運転手は、「居眠りをしていた」って警察の事情聴取で話しているそうで…

本当に、飲酒も居眠りも罪をもっと重くしてほしい…

それに今回の事故は、運送会社や企画をした会社にもしっかり調査が入って二度と

この様な事故が起きないことを願うばかりです。


潰瘍性大腸炎でも入れる保険

血管性紫斑病でも入れる学資保険

保険金請求について
スポンサーサイト

【2012/04/30 10:20】 | ニュース
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。