上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校での英語必修化など低年齢での英語熱が高まるなか、群馬県太田市の6歳の望月彩萌(あやめ)ちゃんが高校卒業程度のレベルという英検(日本英語検定協会)2級に合格した。今年2月の2級合格者2万4000人のうち最年少だった。【金沢衛】

 父の会社員、智行さん(35)が、学校で学んだわりには実社会で英語を使えないという苦い経験から、彩萌ちゃんに1歳半から英語教材を与えた。アニメキャラクターの音声や映像を中心にした教材で、すぐ溶け込んだ。家族が英語を話すわけでない限られた英語環境ながら読書好きも重なって、3歳には英語と日本語の両方が同等に口をついて出るようになったという。

 英検は4歳で5級、5歳で中学卒業程度の3級と、さらに準2級に合格した。本人の希望により英語で指導する幼稚園を経て、4月から大半の授業を英語で行う同市のぐんま国際アカデミー初等部に入学した。「日本語よりも英語が話しやすい」という彩萌ちゃんには最適の環境。「大勢の大人に英語で話しかけてもらうとうれしくなる」と楽しそうだ。母理恵さん(34)は「勉強ではなく楽しみながら英語に触れてきたことが良かった。世界でコミュニケーションがとれる人間になってほしい」と話している。

 日本英語検定協会によると、小学生の受験者が急増している。年3回行う検定の受験者は昨年度が202万人で、うち小学生は19万人に達した。全体数が減少傾向にある中で、小学生は微増状態だったのが10年度から急増。09年度に比べて昨年度は20%近く増えた。同協会の担当者は「11年度から小学校で英語科目が必修化されたことが背景にあり、英語授業がある5、6年生の受験者が増えている」という。(毎日新聞)


6歳で英検合格…

カナブン、実は英検3級しか持ってない…

しかも、受験は高校2年生のときにで、ギリギリ合格…

我が家の娘で言うと、長女のゆきながもうすぐ6歳…

けど、幼稚園でやっている英語教室しか通ってないから、英語で数字と多少の言葉しか分からない…

やっぱり、小さい頃から英語をやらせておけば覚えるの早いのかなぁ?

ちょうど、次女のはるかがもう直ぐ5ヶ月だから、お家でできる英語教材を考えていたところなんですよねぇ!

でも、カナブン馬鹿だから、娘にもそれほど多くは望まないけど、

この6歳で英検に合格したお父さんの気持ちが分からなくも無いなぁ!

ちょっと、カナブンのお家でも英語が多少でも話ができるレベルまでの英語を勉強させなきゃ!

小学生から英語必修化だから、遅れていたら子供がかわいそうだもんねぇ!

っか、体育でもダンスが必修化で英語もでしょ!

本当に子供の教育には沢山のお金がかかるねぇ!

最近は、教育格差が問題視されているけど、これ以上広がらなければいいなぁ!

必修科目を多くするのは良いけど、こういう問題も解決していかないと、日本もイギリスみたいになる気がしている

カナブンの久々ブログでした。

英語検定
スポンサーサイト

【2012/04/22 21:09】 | ニュース
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。