FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 閉経後の女性が海藻を食べ過ぎると、甲状腺がんのリスクが高まる可能性があるとする報告を国立環境研究所と国立がん研究センターのチームがまとめ、11日までに欧州のがん専門誌に発表した。環境研の道川武紘研究員は「海藻に含まれるヨウ素が原因の可能性がある」と分析している。
 研究チームは1990~2007年、10府県の40~69歳の女性約5万人を追跡調査した。
 調査開始後に甲状腺がんになった閉経後の女性は111人で、海藻をほぼ毎日食べるグループは、週2回以下のグループに比べ、2.4倍がんになりやすいことが分かった。甲状腺がんの一種である乳頭がんでは3.8倍の差があった。(時事通信


閉経後の女性が、海藻を食べ過ぎると、甲状腺ガンのリスクが高まるって…

うちのおばあちゃん、海藻大好きで、一昨年、閉経したらしいから、やめさせないと…

来月から一緒に住み始める予定だから、元気でいてもらうために、お願いしてみよっと!

東日本大震災の後、海藻を小さい頃から食べていれば、甲状腺ガンのリスクが減るって

言っていたのに、年齢によっては、違ってくるんだ…。

でも、本当にいいことを知った

そういえば、ガンつながりで、昨日の夜、テレビで、脳腫瘍「グリオーマ」の

治療を特集した番組がやっていましたが、

カナブンの父が、去年この病気で命を落としてしまっていて…

昨日のテレビを見て、泣いてしまいました。

発病が、あと、数年遅かったら…って…

昨日特集されていた、東京女子医科大学へは、カナブンも、父の治療を行ってもらうため

電話をした事があったんですが、症状がかなり進行していて、

食事も排泄も一人でできなかったので、断られてしまった事がありました。

残念ながら、全ての発症部位での手術は出来ないようですが、グリオーマの患者さんが

1日でも長く生きていられる様に、がんばっている先生が沢山いるんですねぇ…

ちなみに、カナブンの父は、つくば大学の山本先生って方に見ていただいたのですが、

摘出が困難な部位のガン細胞を全部取ってくれたり、再発してしまったときも、

名古屋大学からの最新の治療方法を試してくれたり…

本当によくやってくれました。

残念なのは、余命宣告も、宣告通りで、寂しかったくらいです…。

日本には、本当に多くの素晴らしいお医者さんが沢山いますよねぇ!

最期、お世話になった、茨城県の西南医療センターの先生も、本当に最期まで

あきらめず、頑張ってくれて…

結局、家族が、耐えられず、治療をやめてもらったんですが、

最期を迎える時には、家族で一緒にいられるようにっと、夜、いすを並べて寝られる

スペースを作ってくれたり、父の遺体を前に泣いてくれた看護婦さんもいた…

なんか、昨日の夜は、久々に父の事を思い出し、その最期の為に尽力してくれた人たちの顔を思い出し…

涙・涙の1日でした…。

カナブンも、父の様に色々な人に愛される人間になりたいなぁって思ったのと同時に

1人でも多くのガン患者が救われ、その家族が、ガンのせいで泣く事が無くなることを

祈っています。

腎臓の病気
スポンサーサイト

【2012/04/11 15:37】 | ニュース
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。