上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮が4月15日の金日成(キム・イルソン)主席生誕100年に合わせ、「実用観測衛星」を打ち上げると予告したのに対し、日韓の政府関係者や専門家から「技術的に無理だ」との分析が出ている。カメラだけを積んで「観測衛星」と主張することも想定され、結局、核弾頭を搭載するための試験にすぎないとの見方が強い。


 朝鮮中央通信などによると、北朝鮮は、打ち上げの意義を「農業など人民経済に必要な気象予報研究で大きな一歩を踏み出す歴史的出来事だ」と発表。「衛星の重量は100キロで、高度500キロの軌道を回り、寿命は2年だ」とした上で、海外の専門家やメディアも招待し、発射準備を披露すると自信をみせる。

 これに対し韓国政府関係者は「観測衛星は通常、先進国の技術でも1500キロを超え、100キロの大きさでは『実用』からほど遠い。核弾頭の小型化を見越した『模擬弾』の意味合いが強い」との見方を示す。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると日本の気象衛星は2トン以上。北朝鮮は「山林資源の分布と災害の程度、穀物の収穫高を判定し、気象予報と資源探査に必要な資料を収集する」としており、宇宙開発技術に詳しい日本の専門家は「これらを全て網羅しようとすれば何トンもの重量になるはずだ」と説明する。

 ただJAXAによると、大学の研究に使う50キロ程度の“観測衛星”も存在する。専門家らが100キロの重量から推定するのがカメラや送信機だけを搭載するケースだ。専門家は「高解像度でもない画像1枚を受信し、気象から収穫高まで読み取れると言い張ることは可能」と話す。(桜井紀雄)(産経新聞



さすが、北朝鮮!

核の為なら何でもやるんですねぇ!

日本の気象衛星が2トンもするのに、技術的に遅れをとっている北朝鮮が100キロの

衛星を作りだすなんて、本当に無理な話だと、素人でも分かりますよねぇ!

しかも、打ち上げには、世界の報道機関や、宇宙開発に携わる機関なども招待されているとか…

日本のJAXAは、北朝鮮には向かわない方向で検討そているっと今朝のニュースで報道されていますが、

核開発の為の発射なのか、本当にカメラとかのみの搭載だけなのか、打ち上げをしてみないと

分からないのが、歯がゆいですが、日本の対応としては、日本に墜落の危険がある場合は、

打ち落とす為の準備をしているようですし、被害が無い事を祈るばかりです。

ニュース時事能力検定について
スポンサーサイト

【2012/04/23 11:04】 | ニュース
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。