上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 2009年に自殺した大分県立高校の男性教諭(当時30歳代)の遺族が請求した公務災害の認定を認めなかった地方公務員災害補償基金県支部の決定について、同支部審査会が決定を覆したうえで、公務災害と認定する裁決をしたことがわかった。3月27日付。

 裁決は、生徒からの暴言などによる精神的ストレスが極めて大きかったとして、自殺との因果関係を認めた。同支部は近く認定手続きを行う見通し。同県高校教職員組合は「支部決定が覆るのは珍しい」としている。

 組合によると、教諭は08年4月、校内でも荒れているとされるクラスの担任になった。生徒から暴言を浴びせられるなどして約1か月後にはうつ病などと診断され、09年3月に自殺した。

 遺族から公務災害の認定請求を受けた県支部は10年12月、生徒からの暴言を認める一方、「それが重なって精神疾患を発症したとまでは認められない」とし、公務災害と認めなかった。

 しかし、遺族の審査請求を受け、審査会は「教諭は最も荒れた学級の担任を命じられた被害者。問題を起こす生徒との関わり方を模索し、日々苦悩していた」と判断、支部決定を覆した。(読売新聞


学校の先生って本当に大変な仕事ですねぇ…

カナブンも去年まで、学校に出入りさせてもらっていたので、よく相談されたりしていましたよ!

特に多い相談が、生徒の暴言…

ついで、生徒の親からの理解に苦しむ要求…

でした。

生徒の暴言って言っても、最近の子は、普通に「死ね」とか、「殺してやろうか」などの

脅しをしてくる子供もいたようで、親を呼んで三者面談をしても解決どころか

先生のせいにする親もいたようで、何人もの先生が、労災や教育組合にかけあって

うつ病の治療を行っている人を目にしました。

大変なのは、先生だけでなく、先生を支える家族も大変で、

帰りは遅いし、朝も早い…

部活の担当になると休みも無く、挙句、暴言をはかれうつ病…

更に最近は、公務員の給料削減などで、お給料も減らされ…

本当に苦労されている方が多くいるなか、時折、アホみたいな先生がいるのも現実で…

この先生の家族が頑張ったお陰で、きっと多くの先生やその家族の方が少しは救われる事を

祈ることしかできませんが、少しは体罰もOKにしないと、調子にのる子供が多く出てきますよ!

先生の過激な体罰は確かに問題ですが、解決しなければならない問題が山積みです…

教職員採用試験の解答
スポンサーサイト

【2012/04/23 15:47】 | ニュース
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。