上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災で昨年は自粛が広がった「お花見」が復活し、流通、食品各社が「桜商戦」を展開中だ。31日には東京で桜が開花。百貨店やコンビニエンスストアが花見弁当の品ぞろえを強化し、外食や食品会社もサクラをイメージした商品を次々と発売するなど、2年ぶりの花見客の取り込みに躍起だ。

 「食べたいお弁当、ボクにおしえてネ!」。大丸東京店(東京都千代田区)は3月下旬から、花見弁当などの広告トラックを銀座や日本橋で走らせている。好きなデパ地下弁当へのコメントをネットに投稿してもらう百貨店初のPR戦略で、「今年の花見シーズンは、売り上げで前年の2割増をクリアしたい」とそろばんを弾く。

 花見の名所・上野公園に近い松坂屋上野店(東京都台東区)は、花見会場へのオードブル配達に乗り出した。焼き鳥や串カツなど11品目が選べ、4日前まで注文できる。ファミリーマートも20日から、野外で食べやすい「串物おでん」の新商品を発売した。

 外食や食品メーカーも、「桜」をあしらった商品で盛り上げる。サントリー酒類は人気商品「角ハイボール缶」の「春デザイン缶」を限定販売し、角ハイボール缶全体で前年の8倍の20万ケース(1ケース=250ミリリットル24本換算)の出荷を狙う。

 日本マクドナルドは春の「てりたま」シリーズに、サクラ風味のソースをトッピングした「さくらてりたま」を追加。担当者は「2年分の“春”を楽しんで」とPRする。電通総研は「今年は昨年の分まで花見客が増える」と分析する。(産経新聞


去年は、東日本大震災の影響と、電気不足からどこの花見も中止や延期でした…

カナブンは、去年、4月に上野動物公園に行く途中で少しだけ花見をしましたが、

出店はほとんど出ていないのに、すごい人だったのを覚えています。

カナブンの実家の近くでは、埼玉県幸手市の権現堂っという有名な花見スポットがあるんですが、

そこも、花見は中止でしたが、出店は出ていないものの、沢山の人がいたのを覚えています。

今年は、沢山出店が出て、良い経済効果につながればいいですねぇ!

また、被災地の方も、綺麗な桜を見て欲しいですねぇ!!

カナブン、今年は、遥を産んだばかりなので、大勢の人が来るところの花見は控えなきゃなので、

どこの桜を見にいこうかなぁ?

川口の近くでどこか良い花見スポット今から探しとこ!!


花のある生活
スポンサーサイト

【2012/04/23 22:16】 | ニュース
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。